FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32歳熟女パブ嬢 拘束具初体験

首輪 

首輪とリードを買ったはいいが、はめる相手がいなかったのでパートナー探しに悪戦苦闘していた。

熟女パブを思いつき、何軒か行ってみた。
 
何度かの紆余曲折を得てやっと興味ある子を見つけた。

プレイとしてSMをしたことはないけど、元旦那に乱暴にされたときはめちゃくちゃ感じて、逝きまくった。っと、本当に興味津々な感じで、色々聞いてくる嬢。

32歳と熟女パブの中では若めで、バツイチ子なし、Cちゃん。

何度かの来店でお見送りの際にハグをし、ディープキスをし、胸をもんだり、尻をつねったりはクリアした。

店の中での会話でも、最初に行った時からSMの話をしてあった。

ある時は「新しい首輪買ったんだけど、はめてみたいんだよね。」

との流れから「今、持ってきてるから試してみるかい?」 と一度店の中でも首輪をはめていた。

その際もいい反応をしたので、その日の見送りの際は生乳をもんで、パンティー横から指を入れて濡れているのを確認。

そこで、「すっげー濡れてんじゃん。」とか「お前、首輪で感じたのか?」とか首筋からキスをしながら耳元でささやいた。

その後に、鷲さん、今度金曜日とかの遅い時間に来てくれない?」

っと言われ翌週の金曜日に店に行き、店が終わった後に落ち合うことを約束した。

店を出て約束通り近くのコンビニで待っていると20分程で着替えを済ませたCちゃんが「ごめんね、待たせて。」と笑顔でやって来た。

昼間は事務の仕事をしているとのことだったのでグレーの地味なスーツ姿。

「じゃあ、いこうか。」とコンビニを出てタクシーを拾いホテルへ直行。

タクの中でもちょっとイチャイチャしつつ到着。


ホテルの部屋へ入るなり、「お前、もう濡れてるだろ?」と聞いたところ、俯いて頷く。
 
「いい子だ。じゃあ、首輪をはめてあげよう。」と近付くと、髪をかきあげたので、首筋をなめあげると悦びの声をあげた。

「こうされたかったんだろ?」とささやくと何度も頷いていた。

首輪をはめて、リードをハンガー掛けに巻き付けて立ったままの姿勢をキープさせた。

そして濃厚なキスをした上で、目隠しをした。

ブラウス姿のまま後手にカフスをはめ、スカートを脱がした。
 
「前がしみているな。なんでそうなっている?」と聞くと「気持ちいいから。」と小さい声で答えたので、

「何がきもちいいんだ?これかっ?」とパンティのなかに指を入れ、クリをなぞる。
 
「ああっ。はあっ。あっあっぁっー!」大きな声をあげながら頷くので、パンティを一気に脱がしながら、

「それだけじゃないだろ。こんな格好させられていることに感じてるんだろ?大きな声でそういってみ。もっと気持ちよくしてあげるるから。」っとクリを軽くなめあげた。

「首輪と手錠をはめられて、弄られてるのが気持ちいいの。」と吐き出すように言いました。

「よしっ!大きな声で言えたから、ご褒美をあげなくちゃね。」とまずは指を1本入れた

熟女パブ嬢 手マン 

激しく指を動かしたら指を抜きスパン。

「あっあっあっあぁー!」っとその繰り返しにいい反応をしていたので徐々にスパンを強くしながら指を2本、3本、4本と増やしていった。

「指だけでこんなに床を汚して、これをいれたらどうなっちまうんだ?」とバイブを取り出す。

目隠しをしている彼女には見えないが、ある程度想像はついたようで身悶えしていた。
 
熟女パブ嬢 立ちバイブ 

「気持ちいいっ。ああっあっ駄目っあっあああー。」バイブを突っ込んだところ、立っていられなくなり首吊り状態となってしまった。

初回からこれは危険だと思い、後手のカフスを前で留め直してハンガー掛けに留め、首に負担がかからないようにし、バイブ再開。

途中で乳首に鈴をつけた洗濯挟みを装着。

「いたぁーい。痛いっ、鷲さん痛い。はぁはぁーん」

っと痛がるところをバイブで快感を与え続けた。

「お前は乳首を洗濯バサミで挟まれて感じているのか?いやらしい女だな。」

「こんなに濡らして。いつもこんなこと考えてるんだろう。」

「自分で乳首とあそこに触って、どんな鈴か、どんなバイブか確認してみな!」

卑猥な言葉を浴びせ続けながら、執拗に責め続けていると絶頂が近づいて来たようで

「だめぇー、逝く。お願い、鷲さんで逝かせて!」っと訴えてきたので、

「大きな声で言えたけど、まだ駄目だな。もっと堕ちてごらん。」っと逝きそうになるとバイブを止め、スパンと洗濯挟みのつけはずしを繰り返した。

寸止めを繰り返しつつ、「もっといやらしい言葉で、お願いしてごらん。」っと何を言ってもダメ出しをし、散々焦らした。

やがて「お願いです。Cのおま○こに、鷲さんのおちんちんをぶちこんで逝かせて下さい。」っと絞り出すような声で言ったので、

そろそろ頃合いかと思い、「ケツをあげろ。」と言うとこれ以上ないくらいあげたので、いきなり思い切り突き上げた。

瞬間的に逝きかけたようだったが、「まだ駄目だ。鈴がいい音をたてているのをちゃんと聴け!」とそこからはゆっくり動いた。

チリン、チリリンと2、3回ならすと「もうホントにダメェ!」と叫んだので、「じゃあ噛みついてやろうか?」ときいた。
 
「噛んでぇー!噛んでぇー!」といいながらガンガン腰をふってきたので肩甲骨のしたの辺りに噛みついた。

「逝くっ、ああっ、逝くっ、あっああっああぁっー逝くぅーー!」絶叫とともに果てた彼女は放心状態となったので、カフスと洗濯挟みを外し、ブラウスとブラも外してベッドに寝かせた。

優しく抱き締めながらキスをして「いい子だ。よく頑張ったね。めちゃくちゃ可愛かったよ。」と鼻が触れるくらいの距離でささやくと、涙を流しながら頷いた。


しばらく抱きしめて頭をなでていると、「鷲さん?逝ってないでしょ。Cで気持ちよくなってください。」っと言ってきたので、

「じゃあ、カフスだけもう一度つけようか。雰囲気でるから。」っとカフスを再装着しCの中にまた入った。

熟女パブ嬢 挿入 

「鷲さん。Cの中、気持ちいい?ねー気持ちいい?Cもまた気持ちいい。ああっいいっ。」

っと何度も確認しつつ昂ぶっていった。

「鷲さん。また逝きそうなのぉ。一緒に逝ってぇ。ああっ、ああっ、逝くっ、逝くっ、逝くっ、あああああー」


一緒に昇天し、満ち足りた表情でキスをしてくるので、

「C、ちゃんと最後はお口で綺麗にしなきゃ。」っと言ったところなんのことかわからなかった様子なので、
 
「Cは今日、俺のを舐めてないだろ。」っと言うとやっとわかったらしく、

「はい。」っと返事をしたので、

「いい返事だ。じゃあ綺麗にしてご覧。」

熟女パブ嬢 ご奉仕


続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

36歳主婦 乳首責め絶頂

何度かのプレイ経験ができてきて、少しずつアイテムを増やしていたころの話。

以前に一度会い、食事だけはしていた36歳主婦と会うことになった。
 
その際もSMの話は軽くしてあったが、全然SM経験のないごく普通の働く主婦。

向こうも仕事をしているので予定を合わせ会い、普通にホテルに入り普通にことを始めた。
 
指と舌にて、執拗に盛り上げたところで、おもむろにタオルで目隠しをした。 まぁこの程度は別に抵抗もなく、そのまま愛撫継続。

一度いかせて、目隠しのまま攻守交代でくわえさた。そのまま挿入し普通に第一ラウンド終了。

 
しばらくして、「今度はもう少し、SMっぽくやってみようか。」っと打診したところ、多少興味は沸いたものと見えてうなずいた。

今度は最初から目隠しをし、指と口にて愛撫開始。途中より小電マを当ててさらに盛り上げた。

「ああっ、ああっ」っと喘ぎ声が大きくなってきた。

相手の腰が動き出して完全に欲しくなった状態で、ちょっと縛ってみようかと打診。一瞬の間があったが、小電マを秘芯に当てたところ頷いた。

濃厚なキスをした上で、手錠縛りの状態で手を頭の上から後ろに持っていき、胸に固定した。

胸縄バイブ 

そのままの状態でベッドに座らせ小電マを自分の足で固定させた。

そして前屈みの状態でくわえさせ、途中からは小電マを筆者が動かした。

両手が使えないアンバランスな状態、しかも下からは常に刺激されている。
 
しゃぶりながらも、「ああー、はぁー、気持ちいい」っと歓喜の声を上げていた。

そこで頭を離し、今度は筆者が膝まずく状態で胸を責めた。軽く噛んだりしながら徐々に刺激を強くしていった。

頃合いを見て、「これで挟んでみるか」っと言いながら乳首クリップを装着 。

乳首ピンチ

相当快感は盛り上がっていたが、挟んだところ大きな声で「いったーい!痛い。痛いよぅ。」と叫んでいた。

痛みを忘れさせるように小電マにてクリを執拗に責めた。
 
徐々に痛みに慣れ、盛り上がっていくので目隠しを外した。

そして「自分がどんなことをされているのか、鏡でよく見てごらん。」と指示。

羞恥心から中々凝視はできないでいるので首筋や乳首を舐めまわし、

「ほら、ちゃんと見てごらん。もっと気持ちよくしてあげるから。」っと囁きながらクリに強めに小電マを当てる。

「あっ、あっ、あっ、あーっ、あぁーっ。」

昇天しかけながら、より快感を求めるように鏡を見つめまた喘いでいた。

そこで一度乳首クリップを外した。

「いったーい。いったーい。あぁーっ。」血流が戻り、また痛みが走る。

小電マを一段と微妙に動かして快感を生み出しながら、

「ほら、よく見てごらん。いやらしい顔になってきたよ。」っと痛みと快感が交錯する自分の顔をよく見せた上でまた乳首クリップ装着。

そして今度はチェーンでクリップ同士をつないだ。

「おっぱい。引っ張られて。痛い。いったーい。あっあああっ。」

チェーンの重さで乳首を下向きに引っ張り、痛みを少し増した。

その後も自分の姿を見続けさせ、痛みの中でもまた絶頂に辿り着きそうになった。

「お前はこんなことされながら、こんな姿でいくのか?いやらしい女だな。」と声をかけつつ、動きを激しくしていった。

完全にいく前にチェーンを引っ張り痛みをさらに与えた。

「逝きたいか?」

「逝きたい。逝かせて。」

「それじゃお願いじゃないだろ。もっと大きな声でお願いしてごらん。」
っとチェーンを引っ張る。

「ああっ。逝きたいから逝かせてください。」

「大きな声で言えたね。いい子だ。逝かせてあげるからそのまま後ろに寝てごらん。」

っと言ったところ、素直に後ろに倒れた。

チェーンを小電マに引っかけ、引っ張りながらアソコを開いてクリを刺激した。

乳首ピンチバイブ 

既に限界が来ていたようで、

「あっ、あっ、逝くっ、逝くっ、逝っくぅー。」

っと逝く瞬間にまた、今までで一番強くチェーンを引っ張った。

36歳主婦絶頂 

びくっ、びくっと体を震わせながら、最高潮が痛みとともにやってきて、放心状態の顔となった。
 
その顔があまりにも愛らしかったので、抱きしめながら

「よく、頑張ったね。可愛かったよ。」と優しくキスをした。


続きを読む

プロフィール

鷲 高志

Author:鷲 高志
日常は某メーカーの管理職。
上と戦い、下に失望しつつも、より良い会社にしようと社益を求め日夜粉骨砕身している。
仕事に没頭する反面、女性を敬愛し女性を喜ばせることに執念を燃やしている。
玩具や言葉攻めを経て緊縛に行きつき、スキルアップを目指し、修行中の身です。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

家族の夜生活―近親相姦日記

Dの調教日記

アヤ 調教されてます

珠's…Secret Diary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。