FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 いつかのメリークリスマス

 「ベッドに染みを作った悪い娘には、どんなお仕置きがいいだろう?」

っと洗濯バサミを取り出しつつ、

「そんな悪い娘には、これじゃ物足りなりないな。」

っと洗濯バサミを戻して、クリップを取り出す。

「それは凄く痛いやつでしょ。そんなのつけたら痛いよぅ。」

「お仕置きだからね。」

っとクリップ装着。

サンタクリップ装着

「いったーい。痛い、痛い、鷲さん、痛いよぅー」

「痛いよなーこれは。でもちょっと我慢してごらん。だんだん慣れてくるから。」

っとバイブを動かしつつ、キスをした。

徐々に痛みに慣れてきて、甘い声もまた上がるようになってきたところで、

「大分慣れてきたから、引っ張ってみようか?」

っとチェーン装着。

サンタクリップチェーン 
「首を下げていてね。チェーン調整するから。」


っと手首にかかったロープとチェーンをつなぐ。
サンタクリップチェーン引っ張り 



「顔をあげてごらん。そして背中を伸ばしてごらん。」

「いったーい。乳首引っ張られてるよ。鷲さん。痛い、いったーい!」

背中を伸ばして手が下がったことによりチェーンにさらにテンションがかかる。

「痛いか?でも気持ちいいんだろ?そんなものを乳首につけられて、感じてるなんて変態だな!」

っと言いながらチェーンを引っ張る。

「あー、あぁーっ!」っと声をあげながら、ひたすらうなずく。

「そんな変態女にはより堕ちやすいようにこれもつけてやろう。」

サンタボールギャグ 

ボールギャグを装着し、さらにチェーンを引っ張る。

「ヴぅー。ヴィタイ。ばししゃん。びぃたいびょぅーっ」

「何、言ってんだかわからないよ。もっと引っ張って欲しいのか?」

などと言いながら何度もチェーンを引っ張った。

散々その様を楽しんだ挙句、バイブや挿入では逝けない娘なので、ボールギャグを外しながら

「いい娘に頑張ったから、電マで逝かせてあげるね。」っと言ったところ、首を振りながら

「逝かなくてもいいの。鷲さんに来て欲しい。お願いします。」っとの返答。

あまりにいじらしいことを言うので、筆者もついたまらなくなり、

「じゃあ、してあげよう。クリップ外すよ。」っとクリップを外す。

「ああああーいったーいっ。痛ーい。あああああああぁー。」

血流が戻り、痛みが一気に襲ってくる。

その乳首を優しく舐め回した後、

「よく頑張ったね。凄く、いやらしくて可愛いサンタだったよ。」っと抱きしめながら言ったところ、

「鷲さん。早く、早く、来て、来て。お願い!」

サンタバック 

縛ったまま後ろからゆっくり入り、徐々に突き上げていった。

「あっあっあっ、鷲さん、気持ちいい、気持ちいい。」

腰をガンガン振って、後ろから突き上げ続けたところ、緊縛サンタに感じすぎたのか筆者の限界が近づいてきた。

「このまま、突き上げながら逝こうか?」

っと聞いたところ、首を振りながら

「鷲さんの顔を見たい。私の顔を見ながら逝って、ああーっあーっ!」

っと言うので、腰を振りながら胸縄をほどき、正常位に。

サンタ正常位 



そのまま激しく腰を振り、逝きそうになったところで、

「鷲さん。キスして。キスしながら逝って、逝って、お願い、ああーっあぁーっ!」

っと言うので頭を抱え込み、お互いの舌を吸い出す勢いでキスをしながら果てた。

そしてまた乳首をやさしく口に含み、優しく舐めまわした後、

何度もキスを繰り返した挙句。

「メリークリスマス!」

※プレイ志願者及びプレイに対する要望も募集しております。
 シュチュエーションや小道具など何でも要望願います。筆者も勉強になりますので。

※ここで画像を晒したいという方も筆者までコメントをお送り願います。
スポンサーサイト
[PR]

いつかのメリークリスマス

一昨年の秋に知り合い、1度プレイをした×1のシンママ。

年内にもう一度逢おうということになり、ちょうどクリスマスの頃に逢うことになった。

サンタコスを持っているとのことだったので、是非それを着てプレイしようということになった。

ホテルに入り、「着替えてくるね。」と脱衣所に消えて、出てきた。
サンタコス装着
中々の美人でスタイルも良いのでコスが映える。

「おいで。」と筆者が呼ぶと「はい。」っと答える。

サンタ胸縄
稚拙な縛りながら胸縄で縛った。

「色っぽくなったなー。そのまま座ってごらん。」

「はい。」っと座る。
サンタ胸縄座位
「何だ、お前ノーパンじゃないか。座ると丸見えだぞ。」

っと秘芯をなぞったところ、既に相当な潤いが。

「もう、濡れてるじゃないか。」

「鷲さん。恥ずかしい。」

「バランスが悪いから胸も出すか。」

サンタ胸めくり
っと胸をはだけて乳首を舐めまわしたところ、

「鷲さん。気持ちいい。はぁー、あん。」

しばらく巨乳を舐めまわして、股間に指を這わしたところ、すっかり濡れきっていた。

「胸だけでこんなに濡らして。濡れ濡れ過ぎてベッドにしみているじゃないか。悪い娘だな。」

「ごめんなさい。濡れ濡れの悪い娘で。」

「後でお仕置きだな。その前にめちゃくちゃそそる格好しているいい娘だからご褒美をあげよう。足を開いてごらん。」

っとバイブを挿入し、固定した。

サンタバイブ固定

「鷲さん。あっあっ気持ちいい。あっあっいい。」

「気持ちいいのか?これでそんなに気持ちよかったら、こうしたらどうなる?」

っとクリに当たる方を強めながらバイブを前後に動かした。

「あっあっあぁっー。いっいっいぃー。鷲さん、いい。気持ちいい。気持ちいいよぅ。」

身体を振って喜びを表現していたので、手や足でバイブを前後させながら。

「そんなに気持ちいいのか?太股までピンク色になって感じまくって、うまそうな足になっているぞ。食ってやろうか?」

「あー、あぁーっ!食べてっ!食べてっ!」

サンタ噛みつき
「あーっ!ああああっー。痛いよぉ、鷲さん。痛い。あああああっーはあああっ!」

っと両股に一度ずつ噛みついたところ絶叫していたが、再びバイブを動かすと腰をひたすら降っていた。

「食われても、気持ちいいんだろ。食べて欲しかったんだろ。」

サンタバイブよがり
痛みと気持ちよさで、答える代わりにひたすらうなづいているので、

「そろそろお仕置きも始めようか♪」

っと言ったところ、不安と期待が入り混じったとても堪らない表情で「はい。」っと頷いた。


次回に続きます。

※プレイ志願者及びプレイに対する要望も募集しております。
 シュチュエーションや小道具など何でも要望願います。筆者も勉強になりますので。

※ここで画像を晒したいという方も筆者までコメントをお送り願います。
プロフィール

鷲 高志

Author:鷲 高志
日常は某メーカーの管理職。
上と戦い、下に失望しつつも、より良い会社にしようと社益を求め日夜粉骨砕身している。
仕事に没頭する反面、女性を敬愛し女性を喜ばせることに執念を燃やしている。
玩具や言葉攻めを経て緊縛に行きつき、スキルアップを目指し、修行中の身です。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

家族の夜生活―近親相姦日記

Dの調教日記

アヤ 調教されてます

珠's…Secret Diary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。