FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

33歳 保健師 10年間の被虐欲

 「元彼がSで、タオルで手足を縛られたり、目隠しをされてMに目覚めたけど、それっきりプレイはしてないんです。」

事前のやり取りで10年くらいSMを全くしていないと言っていた。

ずっと縛られたい願望はあるのだが、現在の彼は全くその気はなく妄想だけが膨らんで悶々しているとのこと。


一緒に呑む約束をし、待ち合わせ。

事前に自身のことをチョイポチャでよくハーフと間違われる濃いめの顔立ちであると言っていた。

逢ってみると、自身で言っている通り、オリエンタルな顔立ちの中々の美女。

個室居酒屋に入り、一応持ってきた縄や玩具を見せながら、SMトーク。

トビッコを渡して、「握っててご覧。」っと言ったうえで、スイッチオン。

羞恥の表情を浮かべて、返却しようとした。

「そういえば、トビッコとか外のプレイはあまり興味ないって言ってたね。」

「はい。」っと言ってトビッコを筆者に返す。

「何で?恥ずかしいから?」

っと聞いたところうなずいたので、テーブルの下でそっと足を触れさせ、

「恥ずかしい?」っと聞いた。

うなずくのを待って、足の甲でふくらはぎの内側を撫で上げながらうち腿へ。

「恥ずかしそうな顔してるね~。そのまま俺の目を見てごらん。」

上目づかいでこちらを見て、目があった際に、

「ゆっくり足を開いてごらん。もっと恥ずかしくて気持ちよくなれるから。」と目を見つめながら言ったところ、

徐々に足を開いていったので、それに合わせてうち腿を足でなぞるように前進。

開き切ったところで親指のつま先を上下にゆっくり動かし始めると、息が荒くなってきた。

それを眺めながら「恥ずかしい?」っと聞いたところ、頷いた。

「気持ちいい?」っと聞いたところ、また頷いた。

「じゃあ、店出て行こうか?」っと聞いたところ、また頷いたので、その状態のまま店員を呼び会計を済ませた。


手近のホテルに入るなり、パンティーの脇から指を滑りこませて濡れ具合をチェック。

既にかなりの濡れ具合だったので、

「なんでこんなことになってるの?そんなに興奮しているのか?」っと聞くと

「はい。」っとの返答。

「いやらしくて、いい娘だね。じゃあ脱いでごらん。」っと一服しながら指示。

保健師 巨乳 

「おっぱいでかくて、いやらしい身体してるな~。じゃあ縄初体験してみようか。」っと後手胸縄で縛る。

「胸のある娘は胸縄が映えていいよな~。」っと縛りながら巨乳を弄ぶ。

「乳首、ビンビンに立ってんじゃん。縄、気持ちいい?」

「はい。」

保健師 胸縄 座位 

「じゃあ、ちょっと立ってごらん。どんなになっているか見せてあげるよ。」っと写真を撮り見せる。


保健師 胸縄  保健師 胸縄 背中 

首輪とリードを付けて、「こっち来てごらん。」っとリードを引き鏡の前に立たせて、

「ほら、こんなに綺麗な姿になっているよ。よくみてごらん。」っと自らの姿をしっかり見せた。

「ちょっとおしっこしてくるから、ここで待ってな。」っと入り口ドアにリードをつなぐ。

小用の間、犬の様につないでおき、戻るなりまた煙草を一服しながらその姿を眺める。

「いい娘で待ってたね。一服したら気持ちいいことしてあげるからね。」っと少し離れたベッドに腰を掛けて声をかける。

「はい。」っと言う返事が小さく聞こえた。

煙草を吸い終わり、入り口に向かう。

入り口前でいい子に待っていたので、頭を撫でながら、首輪が少し食い込むくらいにリードを調整。

「こんなところで、こんなことされたらどうする?」っと頸動脈を徐々に圧迫し、その間も頭を撫で続ける。

かなり目が虚ろになってきたところで、頸動脈を開放し、すかさず今度は指を挿入。

「あ、はぁ、はあぅ、はあぅ」っとくぐもった声をあげていたので、

しばらく指を増やしつつ、ピストンした後に、

「もう一本縄を足して、もっと気持ちよくしてあげるね。」

っと足をあげさせ、片足を曲げた状態で吊った。

あらわになった秘部にバイブを突っ込む。

「ああっ、ああっ、あっ、あっ、あぁっ!」っとバイブの出し入れにあわせて声を上げているので、

「気持ちいいのか?じゃあ気持ちいいところで固定してやるから、ちょっと足で押さえててね。」っといい縄を取りに行く。

保健師 ドア固定 

押さえさせたまま、股縄を巻いてバイブを固定。

バイブに取り付けた縄を引くと、

「ああっ、ああっ、ああっ。」っと歓喜の声を上げていたので、

「そんなに気持ちいいなら、これもつけてあげるよ。」

っと木製の洗濯バサミを取り付けたところ、

少し、「んっ。」っと言った程度であまり苦痛ではなさそうであった。

保健師 ドア固定 バイブ固定 

「痛みに強そうだね。楽しみだな~。もうちょっと痛いのつけられるねぇ~」

っと洗濯バサミを軽くはじきながら、耳元で囁いたところ、首を左右に振っていたので、

バイブをゆっくりピストンさせると「ああっ、あっ、あっ、はぁっ!」っと声を上げたので、

ピストンを続けながら「楽しみだねぇ」っと目の前で微笑みながらつぶやいた。

続く。


※プレイ志願者及びプレイに対する要望も募集しております。
 シュチュエーションや小道具など何でも要望願います。筆者も勉強になりますので。

※ここで画像を晒したいという方も筆者までコメントをお送り願います
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

部活からきました。ブログ最初からドキドキしながら読ませていただきました。本当にソフトなSMなんですね。アナルとかの責めがなくて、体験してみたいと思っちゃいました。
ブログの更新楽しみにしています♪

Re: タイトルなし

> 部活からきました。ブログ最初からドキドキしながら読ませていただきました。本当にソフトなSMなんですね。アナルとかの責めがなくて、体験してみたいと思っちゃいました。
> ブログの更新楽しみにしています♪

コメントありがとうございます。
是非、体験してみてください。
ご希望であれば、プレイもご一緒しましょうwww
プロフィール

鷲 高志

Author:鷲 高志
日常は某メーカーの管理職。
上と戦い、下に失望しつつも、より良い会社にしようと社益を求め日夜粉骨砕身している。
仕事に没頭する反面、女性を敬愛し女性を喜ばせることに執念を燃やしている。
玩具や言葉攻めを経て緊縛に行きつき、スキルアップを目指し、修行中の身です。

最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

家族の夜生活―近親相姦日記

Dの調教日記

アヤ 調教されてます

珠's…Secret Diary
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。